オリジナルタオルWEB
レレカの電話番号は0120828117

プリントについて

プリントタオル・ジャガードタオルの違い

オリジナルタオルWEBでは、インクを使用してデザインを表現するプリントタオルと、織りによってデザインを表現するジャガードタオルを取り扱っております。 プリントタオルは、シャーリング加工(パイル地の表面をカットする加工方法)した生地の表面にインクを定着させていく製法です。 表面を平らにした状態でプリントするので、デザインの再現性が高く、細かなデザインやロゴを印刷いたい場合にプリントタオルがおすすめです。 ジャガードタオルは先に染められている糸を使用し、組み合わせて織り込むことで柄を表現します。プリントタオルと違い表面をカットすることがないため、立体感があり、ふっくらと厚みのある仕上がりになります。

印刷方法

プリントタオルの特徴

印刷方法
シャーリング生地なので表面が滑らか
プリントタオルは、多くの場合インクが乗りやすくするためにタオル生地のパイルの表面をカットするシャーリング生地を使用します。 また、パイル部分の毛先を均一の長さにカットしてあるため表面が滑らかな肌触りになります。

ジャガードタオルの特徴

印刷方法
総パイル生地でタオル本来の風合いを楽しめる
ジャガードタオルは、表裏がパイル生地のため、触り心地がふっくらしています。 タオルそのものの風合いが楽しみたい場合は、ジャカードのタオルがおすすめです。 また、先染めした糸でデザインを表現しているため、色褪せや色落ちにも強いです。 お気に入りのデザインや柄のタオルを長く使えることもジャガードタオルの魅力です。

プリントタオルの印刷方法

プリントタオルは「顔良プリント」「染料プリント」の印刷方法があります。

印刷方法

顔料プリント(枠あり印刷タオル)の特量

160~180匁
顔料プリント(枠あり印刷タオル)のメリット
固いインクを使用して、生地の表面に色をのせてデザインを表現します。 にじみが少なく、染料プリントと比較すると細かい絵柄の再現に向いています。 また、工程が少ないので低コスト・短納期での製作ができます。 無地部分の多いデザインに適しており、オリジナルタオルWEBでは、枠ありタオルがこちらの印刷方法になります。
顔料プリント(枠あり印刷タオル)の注意点
タオルの表面にだけインクを付着させるため、毛を分けると生地の色が見えてしまいます。 硬いインクを使用するため、印刷面積が広い場合、仕上がりが少し硬く感じられます。 また、染料インクと比較して色落ちがしやすいので、印刷面積が広いデザインや濃い色のプリントには適しておりません。

染料プリント(全面印刷タオル)の特徴

160~180匁
染料プリント(全面印刷タオル)のメリット
柔らかいインクを使用し、生地の奥までインクを染み込ませてデザインんを表現します。 シャーリング生地の滑らかな質感を保ったまま仕上がります。 また、濃い色で全面印刷をしても風合いを損なわないため、印刷範囲の大きなデザインに適しています。 オリジナルタオルWEBでは、全面印刷タオルがこちらの印刷方法になります。
染料プリント(全面印刷タオル)の注意点
柔らかいインクを使用してタオルの柔らかな風合いを保てる反面、少しにじんでしまう場合があります。 そのため、細かいデザインは印刷時に潰れてしまうことがあります。

染料インクジェットプリント(フルカラータオル)の特徴

160~180匁
染料インクジェットプリント(フルカラータオル)のメリット
柔らかい染料インクを生地の奥まで染み込ませて印刷するため、タオルの風合いを保ったまま印刷されます。 CMYKフルカラーでの印刷のため、色数に制限がなく、写真・イラストやグラデーションなどの複雑なデザインの印刷も可能です。
染料インクジェットプリント(フルカラータオル)の注意点
特色指定ではなくCMYKの掛け合わせのため、厳密な色合わせはできません。

ジャガードタオルの製法

オリジナルタオルWEBのジャガードタオルは「2色毛違いジャガード織」と「織姫ジャガード織」の2種類の織り方があります。

2色毛違いジャガード織タオルの特量

160~180匁
2色毛違いジャガード織タオルのメリット
2色の色違いのパイルを表裏反転に織り込んでデザインを表現します。 先染めした糸を複雑に織り込んでいくため、タオルのふんわりとした手触りがそのまま残り、ボリューム感があります。 表裏の色が逆転するため、リバーシブルなデザインを楽しめます。
2色毛違いジャガード織タオルの注意点
パイル生地のため、細かなデザインを表現するのが難しいです。

織姫ジャガード織タオルの特徴

160~180匁
織姫ジャガード織タオルのメリット
カラー糸と白糸を使用し、パイルの凹凸でデザインを表現するため、立体感のある仕上がりになります。 凹部分んボリュームが下がるので、2色毛違いジャガード織タオルよりも嵩張らず軽いです。 また、パイルの上げ下げによって柄を表現するため、比較的コストを抑えて製作いただけます。
織姫ジャガード織タオルの注意点
既製品糸を使用するため、選択肢に限りがありません。